信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

松本市で移住者交流会が開催されました イベントレポート

update : 2019.09.24

2019年9月1日(日曜日)に楽園信州移住者交流会が中信会場となった松本市のレストラン「マンマ•ミーア」にて開かれました。今回はお子様連れのご家族、ご夫婦、お一人様(学生さんや奥様のみ、ご主人のみ)からバンコク出身の方など、さまざまな層の計16名の参加となりました。長野県産の地元食材を中心としたイタリアン・ランチを楽しみながら、交流会を有意義に過ごされました。

初めに長野県の「楽園信州」推進協議会事務局より交流会のプログラムの説明がありました。

続いて、参加者の自己紹介があり、移住された経緯などを話されました。お仕事で移住された方、ご結婚を機に移住された方など、それぞれの経緯に皆さんご興味を示されていました。松本市や山形村、富士見町や塩尻市に移住された方など、長野県の中信地域へ移住されて来た方がほとんでした。

その後、地元野菜や、大町産のお米、信州サーモン、地元産のたまごなどをふんだんに使った料理の説明が料理長よりあり、イタリアン・ビュッフェスタイルのランチタイムとなりました。それぞれのテーブルで信州に移り住んで感じた事、今の生活や松本の良いところ、オススメのお店、お仕事の事、子育ての事など、会の初めから打ち解けた雰囲気で和やかにランチを楽しみました。

  

そしてランチ後の「信州を語ろう!」というプログラムではそれぞれの『移住先として信州を選んだ理由』から『みんなにオススメしたいお店』など思い思いの体験談が語られ、一人一人に拍手が送られました。

『移住先として信州を選んだ理由』では

「夫婦ともに登山が好きで、山が見える所に住みたかった」、「職場が日本全国15ヵ所にあり、自然が好きなら松本市と知人に勧められ松本市を選んだ。来て良かった、大正解でした」、「スキーやスノボなどのウィンタースポーツが好きで移住しました」など松本へ来て皆さん大満足という様子でした。

『移住して新しく始めた事、今後やってみたい事』では

「山岳ガイドの資格を取りたい。また、ユニバーサルツーリズムや山に関わる仕事をしたい」、「農業関係の仕事、信州に来た外国人の支援」、「長野は広く、車が無いとどこへも行けないので、運転をしはじめた。生まれたバンコクは東京みたいに畑があまり無く、松本では近所の方の畑のお手伝いを始めた。松本ボンボンにも参加して最高に楽しかった」、「今後はスノボなどに挑戦したい」、「白馬岳や燕岳に登りたい」、「信州は温泉が多いので温泉巡りをしたい」などの充実した生活と今後の希望が語られました。

『美味しい!信州の食材』では

「野菜や果物。直売所では100円で売られていてびっくりした」、「松本一本ネギを食べてみたい」、「乗鞍の限られた標高で7月8月しか採れない番所きゅうりはみずみずしくて美味しい」などの意見がありました。

『ビックリした信州人の習慣』では

方言についての体験談がありました。「方言で戸惑ったのは、ご飯を食べた後に“いただきました”と言う」、「近所の方が良く『えらい』と言われ、褒められているのかと思ったら『大変』という意味の方言だった」

「旦那を見ていると寒い所で育ったせいか辛抱強い」、「お子さんのマナーの良さに驚いた。初対面や近所ですれ違う小学生たちに『こんにちは、こんばんは』と挨拶をされる。子どもが横断歩道を渡る時にもちゃんと手を挙げて渡り、ちゃんとドライバーさんに挨拶をする」などの習慣も話されました。

『みんなにオススメしたいお店』では

「塩尻市のヘルシー中華料理店『愛菜華』は、さっぱりとした中華で美味しい」、「直売所や道の駅ではめずらしい野菜がたくさんあり、直売所巡りはお勧め」、「上諏訪駅近くのシフォンケーキ屋『KINO』はしっとり、ふわふわ、リーズナブルで本当においしい」、「塩尻市の森の中にあるレストラン『PePe』はお店も素敵で味も絶品」、「松本市の『かつげん』のカキフライは大きくてぷりぷりしていてお勧め」、「朝日村の『ふじもり』というお蕎麦屋さんはものすごく美味しい、きつね蕎麦の油揚げが大きくて満足」などと話され、皆さんもぜひ行ってみたいお店ばかりという様子でした。

交流会の最後はフリータイムの歓談となり、参加者からは「美味しい料理を食べながら、色んな立場、色んな年代の方のお話を一度に聞けて良かったです」、「色んな方たちと何をされているか、信州のどこに行ってきたかなどの情報交換をできた」と皆さん交流会を楽しまれ、新たな出会いと今後への繋がりを喜んでいるようでした。

楽園信州移住セミナー[名古屋] イベントレポート

update : 2018.12.25

2018年11月17日に名古屋市の中日ビル’7Fで楽園信州移住セミナーが開催されました。定員30名の20代から60代まで幅広い層の参加となりました。

はじめに、長野県楽園信州移住推進室の長谷主任より「長野県ってこんなところ」と題して気候やエリア等の説明がありました。

お得な移住関連情報として「楽園信州ファミリー」という無料会員制度の説明もあり、特典として引っ越し料金や賃貸物件、仲介手数料等の各種割引サービスやメールでの移住関連情報を受けられるそうです。

住まいの情報

続いて「住まいの情報」として長野県宅建協会から説明がありました。

宅建協会には町の不動産屋の80%が加盟していて国と県の委託事業として「楽園信州」にも協力しています。また、各市町村とも連携して「空き家バンク」による空き家情報、物件や移住サポート情報を掲載するサイト「住—むず」の運営も行っています。

物件探しについては、まず叶えたい夢や環境などを選定して、最終的に自分の目的に合うのはどの地域か、そして理想の家屋や土地や農地がその地域にあるか等を相談してほしい。また物件紹介だけではなく不動産屋は地域に根ざしていて、その地域の色んな情報等も提供できるので利用してほしいとのことでした。

ゲストトーク

次に先輩移住者の体験談として2008年に名古屋市から飯田市へIターンされた加藤さんのゲストトークがありました。加藤さんは自身の経験を活かし飯田市役所職員として飯田市への移住希望者の相談等を担当されています。

「小さい頃住んでいた所には自然があり自然の中で農ある暮らしをしたい、当時住んでいた名古屋から近い」ことが移住のきっかけになったそうです。

通勤で市役所へは車で35分、一番近いコンビニへも20分かかり、長野県は広いのでどこに住んでいても車が必要になるのでは、とアドバイスされました。

子育て環境については、近くの千代保育園を例に話されました。園では自然との触れ合いや食育を大切にし、よこね田んぼ(棚田百選に入る)で田植えから稲刈りまでします。刈った餅米は正月に皆でお餅つきをして最後に給食で食べるそうです。

他にもさつまいもを掘ったり、近くで飼われている動物を見に行ったり、お味噌を作ったり、ヨモギのパンケーキを作ったりと色々な体験を保育園の頃から出来るそうです。

保護者は保育園や地区の役員以外に小学校のPTA活動もあり、一人一人の負担はあるが、みんなが協力し合うので問題なくやっていて、その事で「人との繋がりが生まれる」と語りました。

また、お母さんたちが安心して働けるように、子供をあずける環境として延長保育や学童保育、病児保育やつどいの広場(地域子育て支援拠点)が多くあるので不安や悩み事の相談も出来るとのことです。そうして「地域の子供は地域で見守り育てる」という環境になっているそうです。

最後に、「こういう所に住みたかったという自分の夢を叶えられて、子供も伸び伸び育っていて地域の方には感謝している。移住を検討されている方は現地に行って色んな人の話を聞いてほしい」と話されました。

参加市町村の魅力

その後「参加市町村の魅力」と題して、プロジェクターを使ったPRが行われ、主なポイントをまとめました。

最初の飯綱町からは「桃の花をはじめ飯綱山など四季折々の自然の景色が美しい」、「農業と観光(温泉、ゴルフ、スキー、ワイナリー)の町」、「移住体験ツアーや移住体験住宅もある」、「スキー等の雪のある暮らし」とのPRがありました。

続いて大町市は「北アルプス」、「おいしい水」、「豊かな四季」、「定住アドバイザー」、「移住協力店」、「季節労働が出来る」、「クラインガルテンお試し暮らし体験」等のPRがありました。

松川村は「北アルプスの眺望や安曇野の原風景」、「白馬と松本の中間の位置」、「米どころ、りんご、野菜、温泉」、子育て施設「かがやき」、「移住に関する補助金100万円」、「空き家バンク」等がPRされました。

松本市は「都会的な暮らしと田舎暮らし」、「北アルプスの眺望と田園風景」、「上高地」、「生活用水として使える井戸の湧き水が何カ所もある」、「医療が充実(クリニックを含めると200カ所)」、「県内で一番大きいイオンモール」等のPRが。

箕輪町は「信州らしい原風景が残る町」、「山ほいく」、「運動あそび」、「子育て支援センター」、「みのわ健康アカデミー」、「天然のスケートリンク」等でした。

阿南町は「仕事はドライフルーツの製造業がある」、「福祉施設が多い」、「クラインガルテン」、「お祭りが多い」等をPRしました。

上田地域定住自立圏(東御市、上田市、長和町、青木村)として

東御市は「長野県住みやすさランク1位、新規就農、美味しいぶどう」

上田市は「都会と田舎のベストミックス、転職移住を応援、空き家バンクの在庫は長野県1位」

長和町は「歴史と高原がおりなす名水の里、体験住宅が大人気」

青木村は「大自然の中の子育て、体験住宅」等がまとめてPRされました。

諏訪圏移住交流推進事業連絡会(諏訪市、岡谷市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村)は

「東京や名古屋にもアクセスが良く二地域居住も可能」、「諏訪エリアは晴天率が高く、夏は涼しく冬は雪が少ない」、「精密機器や航空宇宙や医療機器産業が主な産業」、「八ヶ岳山麓の高原野菜やソバ、酪農」、「諏訪大社御柱祭」、「諏訪湖花火」等がまとめてPRされました。

個別相談会

最後は1時間30分の個別相談会となり、皆さん気になる市町村や宅建協会のブースで真剣に相談をされていました。参加者からは「一度に色々な市町村に相談を出来て、移住へ向け次のステップへ進めました」との感想が多く、イベントは大成功となりました。

 

宅建協会のブースでは希望エリアのマンションや中古住宅等の物件事情、雪事情等の生活面の相談をタブレットで具体的にアドバイス。また、空き家バンク物件の耐震性能やリフォームの相談等も。

諏訪圏のブースでは行政と不動産屋さんでトータル的に対応されていました。

 

 

 

移住者交流会が開催されました イベントレポート

update : 2018.03.29

平成30年3月3日(土曜日)に長野市の会場(レストランBurano)で「移住者交流会」が開催されました。

会場となったレストラン「ブラーノ」は、イタリア北東部ヴェネツィアにある小さな諸島をコンセプトに、カラフルできれいな花や緑で彩られ、貸し切りということもあり、とても落ち着いた雰囲気でした。

今回の交流会は長野県内に移住された方を対象に開かれ、15名の参加になりました。

長野県からのお知らせ

はじめに主催者の長野県楽園信州・移住推進室の山岸さんより、交流会の説明がありました。この移住者交流会は、県内4地域で開かれていて、各会場で参加者の傾向も少し違うとのことでした。

夫婦の参加が多かったり、親子の参加が多かったり、単身者の参加が多かったり。昨年の安曇野での交流会は、家族での参加が多かったが、今回は単身者の参加が増えているようでした。

そして以前は定年後の退職者の参加が多かったが、最近は移住セミナーを開催していることもあり20代、30代の参加者も多くなっているようです。

 

自己紹介

続いて参加者より自己紹介が行われました。今回は長野市をはじめ須坂市、小川村、上田市より夫婦2組、親子1組、単身者9名の参加で、それぞれ参加された理由などが話されました。

皆さんに共通されたのがここ1、2年で移住された方が多く、北海道や首都圏、大阪などから移住されていました。「住んでいる地域に知り合いを作りたい」、「同じ趣味の方と知り合いたい」、「自分から動かないとなかなか知り合いが作れないと思い参加した」、「ほかの移住者は休日をどのように過ごされているのか知りたかった」など積極的な思いが話されました。

ランチタイム

自己紹介をおえ会場が和むとランチタイムになりました。サラダやパスタ、バゲット、メインディッシュ、デザートなどが運ばれ、それぞれのテーブルでにぎやかな会話になりました。

各テーブルでは長野県に移住された感想や印象、良かったことや困っていることなど普段の思いを話されていました。「長野県はジビエ料理が充実している」、「東京へも新幹線で近く交通的にも良い」、「山登りやスキーが趣味なので長野に来て良かった」、「都会に比べ長野は静かで暮らしやすい」などの意見が多く、皆さん移住生活を満喫されているようでした。

 

テーマ発表

食後にはあらかじめ配布されたカードに書かれた、テーマごとの発表がありました。

信州を選んだ理由というテーマでは

「昔からブドウが好きでブドウ農家になりたかった。須坂市は傾斜も多くブドウ栽培に適していて、行政の移住後のフォローも良かった」

「仕事が忙しく体調をくずし、療養もかねスローライフで信州を選んだ」

「温泉も多く、山登りやスキーが好きだったので信州を選んだ」

「海に近い町で育ったが、旅行で訪れ山に囲まれた長野に良いインスピレーションを受けた」

など移住前に何度か長野を訪れたことのある方が目立ちました。

そして、移住して新しく始めたことのテーマでは

「コーヒー豆の自家焙煎のお店を開業する」

「旅行が趣味で英語を使う仕事につきたい。長野は観光地で外国人の旅行者も多く英語を勉強したい」

など新たな仕事についての話がされました。

また、移住して良かったことでは

「東京では人口も多く色々なところで人とのぶつかりが多かった。スーパーの買い物でも必ず買い物かごが他人とぶつかったが、長野は色んな意味で広く開放的で、カートをいくらひいてもぶつからない」

「スーパーでも山菜やきのこ類、野菜コーナーが充実している」

「東京では眠りが浅かったが、小川村は静かで心地良く休める」

など長野県が自然豊かで、全国で4番目の広さによるメリットがあがりました。

 

移住後の自慢では

「居住先からの通勤ルートに地元の某テレビ局があり、運が良ければタレントやアナウンサーの収録をテレビ局の窓越しに見れ、東京ではなかった体験」という意見がありました。

最後に、移住して困ったことのテーマでは

「車をもっていないので公共交通を利用。バスの来る時間が正確ではなく住んでいる場所は1時間に1本。停留所もふきっさらし」という声がありました。これを受け主催者の山岸さん(長野県楽園信州・移住推進室)は、「長野県は自然も豊かで8県に隣接しているという立地でもあるので是非、免許を取得して頂いて車で色んな地域に行って楽しんで頂きたい」とのことでした。

また、「地域によっては、行政による移住後のフォローがあまりない」という声に山岸さんは「そういう地域には、移住後のフォローも働きかけたい」ということでした。長野県主催の移住者交流会では、こうした悩みを直接ぶつけられるのもメリットのようでした。

ほかには「妻は寒いところが苦手で冬は来ないようにしているが、徐々に馴れてもらう予定」という意見や「住んでいる地域にスーパーが無いので生協を利用している」という意見があり、それぞれ工夫をして暮らしているようでした。

フリータイム

その後はフリータイムとなり、それぞれ席を自由に移り、連絡先を交換したり、共通の趣味の話にもりあがりました。みなさん、打ち解けた様子でとても楽しそうに過ごされていました。

参加されたきっかけで話されたとおり、皆さん、今後の移住ライフでプラスになる移住者ネットワークを築けた交流会になったようでした。


PAGE TOP