信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

小谷村へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2014.03.11

雪が積もった冬の日、今回は北安曇郡小谷村を伺いました。 北はもう新潟県という北端の村です。今年は雪がすごいですね。

小谷村特産推進室の三武さんにお話しを伺います。
現在の小谷村の移住に関する取り組みを教えてください。

小谷村は大きなスキー場を抱えているので、冬は年間で100名ほどの転入転出があります。
しかし、冬季(11月~4月)の期間のみ働いている方が大部分で、定住していく方はまだわずかです。現在年間に2,3家族の定住の実績となっています。

 

村の取り組みとして、移住ポイント制度があります。
これは、一定の条件を満たす場合に、対象事業に割り当てられたポイントに応じて補助金をお渡しする形のものです。
住宅の改修や、農地取得出産、消防団への加入など様々なメニューがあり、1ポイント=1万円で換算して補助金として使用できます。39歳以下で配偶者がいれば50ポイントや、12歳以下の子供がいるとポイントが交付されたりと、若年世代にもメリットが得られる形となっています。


また、空き家バンクを開設し村内の中古住宅を紹介しています。
村内には、5か所に地域おこし事務所を設置して、移住に関することや地域活動について様々なサポートを行っています。

 

仕事はどうやって探したらいいですか?

村内では、冬季の仕事の紹介が可能ですので、夏季に何をするかになります。
起業して村内で拠点を設置していただくと、先述のポイントの対象となります。
また、近くの白馬村や大町市へ通勤することも可能です。

 

移住される方に注意してほしいことはありますか?

比較的昔からの行事、地域のつながりを大切にしている地域がありますので、そういった地域では地元の皆さんの輪に入っていくことが必要になると思います。みなさん、人間がやさしい方が多く、親切に世話を焼いてくれます。
静かに過ごしたいとのことであれば、スキー場周辺では比較的落ち着いた環境となるかと思います。
冬は降雪がとても多いので、必ず雪かきは必要になります。
雪かきをしないと住居に影響がでますので、これは絶対に行わなくてはいけません。実際に一番雪深い1月2月くらいに訪れてみた方が良いです。
また、小さな村ですので消防団の活動が重要になってきます。ほぼ確実に入団していただくことになります。入団して活動することで、地域の皆さんとコミュニケーションがとれてくるので、地域に溶け込みやすくなるためその面で消防団活動はお勧めです。

 

小谷村にくるとこんないいことがある!を教えてください。

やはり、地元の皆さんがやさしいというところです。
外から入っていくる方も、結構ウェルカムで受け入れてくれます。村内でも地域ごとに特色があるので、実際に現地を訪れてみて肌で体験してみてください。
あと、冬はスキー夏は登山トレッキング等アウトドアを満喫できる環境です。
特産としては、栂池高原の雪解け水で作った「雪解けサイダー」がおすすめです。
道の駅や村内のホテル、お土産店などで入手できます。

 

三武さんありがとうございました。
小谷村への移住相談は、道の駅などでも行っているとのことです。
興味のある方は、小谷村のホームページも参考にしてみてください。

 

信州田舎暮しセミナー in 名古屋 イベントレポート

update : 2014.03.06

平成26年1月25日(土)、名古屋市中日ビルにて「信州田舎暮しセミナー」が開催されました。
東海地方で信州へ移住を検討している方向けに、今回は、佐久市、安曇野市、長野市、飯島町、売木村、飯田市、泰阜村が参加しました。
また、長野県宅地建物取引業協会からも個別相談に参加しました。

会場を入ると、資料が配られます。
中身は、参加各市町村の案内資料です。

左から、長野県・長野県宅地建物取引業協会、飯田市・泰阜村、佐久市

安曇野市、飯島町・売木村、長野市
各市町村とも、魅力をたっぷり紹介した資料を準備しています。

前半は、各市町村担当者の方から、それぞれの地域の魅力と移住に関する取り組みの紹介です。
その中から、今回は南信地方の売木村と泰阜村の発表を紹介します。

売木村
長野県の最南端の村、売木村です。
小中学校は同じ敷地内にある、併設校となっており現在45名の子供が通っています。(平成25年度)
そのうち、山村留学制度を利用して都会から来て滞在しているのが、7名。滞在は1年間です。
留学希望者は、山村留学センター「売木学園」を利用する形になります。
皆、自然の中で成長してたくましくなって帰っていきます。

定住促進に向けて、「うるぎ米そだて隊」という体験型イベントを開催しています。
これは、お米作りを通年で楽しみながら学ぶイベントです。皆勤賞には米一俵がプレゼントされます。
また、気軽に売木村の田舎暮しを体験するイベントも月1回の頻度で開催しています。週末の1泊2日を売木村にステイしていただいて、売木村の魅力を満喫していただけます。
おかげさまで、繰り替えし参加される方も増えてきています。
わしくは、村のホームページをご覧ください。

泰阜村
飯田市の南、天竜川に沿って位置する村です。となりの飯田市から東京、名古屋方面に高速バスが出ているため比較的訪れやすい位置にあります。
移住、IUターン希望者の方が気にされる住居ですが、集合住宅、庭付き一戸建てなどの村営住宅が整備されています。
お仕事に関しては、村内では電子関係の工場、農業法人、福祉関係の仕事があります。村外で働くという形もあります。
教育環境としては、0歳児から入れる保育所や小中学校の併設校があります。
若い方たちの交流の場として、ママ会や青年団、移住者の集まり等がありさまざまな相談にのっていただけます。

泰阜村の魅力としては、全国秘境駅の第4位に選ばれました、飯田線の田本駅です。絶壁の上まさに秘境に位置する小さな無人駅です。天竜川ライン下りやラフティング、秘境万古渓谷の天然ウォータースライダーや沢登りなどがあります。
また、標高差400mを走る山岳マラソン「雲上マラソン」も開催され、100名以上のランナーに出場していただきました。

この後、泰阜村への移住体験者の方の体験談をお話しいただいた後は、各ブースへの個別相談を行いました。移住他県談は、また別記事としてこちらに掲載します。

個別相談の時間は1時間ほどですが、みなさん各ブースの市町村担当者へ、直接気になることを訪ねています。
今回は、長野県宅地建物取引業協会より相澤様と宮崎様も参加し、移住希望者の相談にのっていました。

1


PAGE TOP