信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

長野・新潟・富山・石川4県合同移住セミナー(有楽町) イベントレポート

update : 2015.10.27

平成27年10月25日(日)、東京有楽町の交通開館にて、長野新潟富山石川の4県合同の移住セミナーが開催されました。 会場には、4県から様々な市町村がブースを構え個別相談にのっていました。 セミナースペースでは、各県の発表、移住者の体験談が発表されていました。 長野県からは、 南木曽町、筑北村、麻績村、小海町、佐久穂町、立科町、佐久市、上田市、長野市、飯山市の自治体が参加しました。 また、長野県宅地建物取引業協会、移住・住みかえ支援機構の参加しました。 その中から、抜粋して紹介します。

立科町

上田市と佐久市に挟まれた、南北に長い町です。
北が農村エリア、南が観光地エリアです。
農村地域では、お米、りんごのさんフジの栽培が盛んです。
蓼科牛に代表される畜産も行われている。
通勤は佐久市、上田市へ車で30分程度なので、ベッドタウンとしても機能しています。
移住支援としては、空き家バンクの開設もしました。起業希望者には町の創業支援制度があり、利用して頂けます。

立科町の移住体感ツアーが平成28年11月21日(土)に開催されます。
参加費無料で、農業体験や移住体験住宅の見学、町内のスポットの散策をして頂けます。
締め切りが11月6日(金)までですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。
詳しくは下記をごらんください。
http://www.town.tateshina.nagano.jp/event/002564.html
■立科町
http://www.town.tateshina.nagano.jp/

佐久穂町、小海町

南佐久、八ヶ岳の裾野に広がる高原エリアです。晴天率が低く、高原野菜栽培が盛んです。
佐久穂町と小海町はタッグを組んで、さまざまな取り組みをしています。
東京神田の「なみへい」で南佐久の食材をつかった料理の提供でPRをしました。
本日は信州サーモンのアヒージョをブースで試食いただけるように用意しています。

佐久穂町では、地域愛と広い視野を持った人材を育てるために小中一貫校を開設し、キャリア教育と英語教育に力を入れています。
佐久穂町ではやりたいことを一緒にやって実現する風土があります。
「佐久穂町へ移住を考えている方へ」
http://shinshuold.kfcs.co.jp/liveshinshu/city/1743


小海町は、別荘地が広がります。春夏秋冬の山々のうつろい、星空は二地域居住を希望される方にお勧めです。
高原の気候を生かした、レタスキャベツなどの高原野菜がさかんで、新規就農の方も増えています。
林業は森林組合での安定した雇用があります。
住宅支援では、空き家バンクの設置、子育て世代の住宅取得助成制度、住宅リフォーム制度などがあります。
北八ヶ岳移住体験ツアーが平成28年1月30日(土)~31日(日)の1泊2日で開催されます。詳しくは役場までお問合せください。

■佐久穂町
https://www.town.sakuho.nagano.jp/
■小海町
http://www.koumi-town.jp/

麻績村

長野市と松本市の中間に位置します。
人口が2900人で、平成の大合併では自立の道を選びました。
高速のIC、JRには一日1本ですが特急も停車します。
若い方向けに定住促進住宅を建設しています。昨年度から着手し来年度までに24棟を建設します。
子育て支援では、3歳以上の保育料無料など、小さい村なのでできる範囲で支援を進めています。
地域暮らし協力隊の受け入れは全国トップクラスです。
■麻績村
http://www.vill.omi.nagano.jp/

 

宅建協会

長野県内の市町村と宅建業者とが連携して、県内の空き家情報のポータルサイト「楽園信州 空き家バンク」をこの8月に開設しました。
長野県全域から、市町村と宅建業者の持っている空き家情報が一括で閲覧できます。
また、住宅に関する支援情報、補助金の情報も掲載されています。
https://rakuen-akiya.jp/

個別相談ブースでは、各団体から詳しい情報を得ようと参加者の方がお話を聞いていました。
各団体、お勧めのお土産や特産品を振舞ったりしています。

 

また、この後各県の移住経験者がセミナースペースで移住体験談を発表しました。

1


PAGE TOP