信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

須坂市へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2020.01.22

写真:須坂市役所提供(北信五岳の眺望も素晴らしい須坂市)

須坂市は長野県北部に位置し、隣の長野市からは車で30分程です。また東京駅から須坂駅までは新幹線を利用すれば約2時間です。市内には上信越自動車道の出入り口もあり非常に良い立地です。都会にもアクセスしやすい、ほど良い田舎で移住者にも便利なエリアです。近年は仕事から住まいまでトータルでサポートする「移住支援信州須坂モデル」をスタートし、多くの移住者の就職相談を行っています。平成26年度にチームが発足して以来、相談件数は500組を超え、さらなる移住者へのサポートに力を入れています。

写真:須坂市役所提供

今回は、須坂市役所総務部政策推進課信州須坂移住支援チーム係長の加藤さんと移住定住アドバイザーの豊田さんに、お話を伺いました。

(加藤係長(左)と豊田さん(右))

はじめに、『移住支援信州須坂モデル』ではどのような就職支援を行っていますか?

加藤係長 移住支援チームは平成26年度に設置されました。これまで多くの移住相談に乗ってきましたが、結局、仕事という受け皿がないとなかなか移住につながらず、都会のサラリーマンが田舎のサラリーマンになることは非常に難しいと感じていました。そこで企業と連携して移住者の仕事探しをサポートさせて頂くことにしました。同チームの豊田アドバイザーが、実際に市内の企業を回りどういう人材を求めているか、お話を伺いながら企業紹介をさせて頂いています。それをホームページで公開しています。(https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/info.php?id=248

写真:須坂市役所提供(転職移住の受け入れ企業)

豊田さん 現在は30社に協力をいただいていますが、1社ごと社長の理念や社員の働き方、イベントや福利厚生など求人票だけでは分からない部分を記事や写真で紹介しています。仕事を求める方に少しでも希望する企業のイメージがつかめるよう参考にして頂いています。

加藤係長 移住希望者は就職が決まってから前の職場を辞める手続きをします。その後住まいを解約したり、移住先の住まいを探すなど、移住先で仕事が決まってから移住し実際に仕事を始めるまでに3~4ヵ月はかかってしまうことを受け入れ企業にはお願いをし、協力して頂いています。

豊田さん 協力企業の30社の業種は、製造業から宿泊業、タクシーなどのサービス業のほか、介護や技術士などの専門職など様々です。幅広い職種も揃っているので、希望する方の経歴や興味などから当てはまる仕事が増えてきています。

加藤係長 移住希望者がハローワークなどで仕事を探す際も、須坂の企業の社名を見てもどんな会社か分からないと思います。どのくらいの規模でどういう事をやっているかなど、色々分からない部分が多いのではないでしょうか。

須坂市ではその不安を解消するため、取材記事をホームページで見て頂き、仕事を探される方が不安なく意思決定できるようサポートしています。

ホームページで気になる会社があった場合、次はどうような流れになりますか?

加藤係長 月1回~2回は、東京の銀座NAGANOなどで相談会を開催しています。相談日はホームページで確認がきるようになっています。
https://www.city.suzaka.nagano.jp/kurasuzaka/

年間30回ほど東京、大阪、名古屋などで相談会を開催しており、この6年間で相談者が500組を超えました。

相談会でじっくりお話を伺い、「この企業を希望します」という方には一度持ち帰り企業へ求人状況を確認します。社長や人事担当者に希望者の意向や経歴などを伝え、企業が「ぜひ話を進めてください」となれば、見学や面談へとつなげています。

写真:須坂市役所提供(相談会の様子)

豊田さん 企業によっては朝礼から一日職場体験をして過ごして頂くケースもあります。

相談会を通さないケースはありますか?

加藤係長 まずは東京や大阪、名古屋で開催する相談会に来て頂いて相談をさせて頂いています。

豊田さん 移住希望者の方からしっかり話をお聞きし、本人が主体的で意思のある移住を希望されているのか確認しています。これまでに、相談会の次の週には企業訪問し、社長や人事担当者と話をしてその場で採用が決まったこともあります。それでも実際に移住までには3ヵ月くらいはかかります。逆に相談から移住まで1年近くかかるケースもあります。

移住体験ツアーはありますか?

豊田さん 会社面談や見学をメインに住居見学と市内案内をセットに行っています。相談会を経て1社に絞れたら、会社見学・面談のタイミングで須坂市の案内や住居の提案もしています。住居は「空き家バンク」やアパート、社宅なども紹介しています。家族構成や希望地域を聞いて、お子さんがいらっしゃればその地区の学校などを見学するなど、移住後に想定される生活環境をご案内させて頂いています。

写真:須坂市役所提供

(市民憩いの場、百々川緑地公園からは北アルプスも一望できる)

面接は何社か受けられますか?

加藤係長 まずは相談会を経て1社に絞って頂いています。何社もかけ持ちで探される方は、面接で不思議と伝わってしまい、なかなかうまくマッチングしません。

移住までスムーズにいくケースはどういう方が多いですか?

加藤係長 須坂市では仕事と住居を一括してサポートしているため、仕事さえ決まればトントン拍子に移住へと進んでいきます。そのため、覚悟が決めきれていない移住希望者は逆に立ち止まってしまう方もいます。また、「山登りやスキーが好きだから長野に移住したい」という方も、じっくり話を聞くと、東京での住みづらさや多忙な働き方、子どもとの時間が持てない、体調を崩されたなど深刻な理由が背景にある方も多いです。そういう方は確固たる目的があるためスピーディーな移住を果たしています。

写真:須坂市役所提供(市内からの北アルプスの眺望)

須坂市に移住された方の声はいかがですか?

加藤係長 都会じゃないけど暮らしやすく、便利。スーパーや病院、学校もある。程良い田舎、便利な田舎を求める人が多いです。小学校から高校まで須坂市内でしっかり通える。仕事があって住居も選べて、地方で探すのに、ちょうどいい場所です。また、インターの入口には今後、大型ショッピング施設建設計画もあり雇用も増えると思います。

写真:須坂市役所提供(転職移住された方々の交流会)

(桃の果樹畑の遠方には北アルプス)

(県立総合病院など生活に必要な施設がそろう須坂市)

豊田さん 住みやすいとお聞きします。皆さん、自分で納得して来られた方ですので。

最後に、移住支援信州須坂モデルを始められていかがですか?

加藤係長 相談から移住までトータルで関わせて頂いていますので、移住希望者が喜んで移住して頂けることにとてもやりがいがあります。また、最近は企業側からも「就業を求める移住希望者の相談に乗ってもらえますか」という連絡を頂くこともあり、移住支援に理解を頂けてとても良い形で連携がとれています。

豊田さん 私たちはサポートする側ですが、移住希望者が目的に向かって頑張って取り組まれた結果に対して一緒に感激することができて、この仕事に携わって良かったなと感じています。

平成26年度から信州須坂移住支援チームが受けた相談件数が、結果的に500組となり、その中で実際に聞いた相談の数々から、「じゃあ、こういう支援が必要なんじゃないか」と試行錯誤しながら結びついているので、皆さんの生の声のおかげで、今、生かせているのだと思います。

伊那市へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2019.11.22

写真:伊那市役所提供(伊那市航空写真)

伊那市は中央アルプスと南アルプスに囲まれ天竜川・三峰川の扇状平野の間に広がる、自然豊かでどこか懐かしいふるさとのような地です。名古屋までは車で約2時間半、東京まで約3時間、大阪まで約4時間で大都市へのアクセスも便利です。

そして、日本「住みたい田舎」ベストランキング 子育て世代にぴったりな田舎部門2年連続全国第一位に選ばれるなど、自然環境や生活支援に恵まれたまちです。

(伊那市役所地域創造課の伊藤さんと井崎さん)

今回は伊那市役所地域創造課の伊藤さんに移住への取り組みについて伺いました。

はじめに伊那市の魅力を教えていただけますか

伊藤さん 中央アルプスと南アルプスが市の東西両方に見える景色はとても気に入られる方が多いです。また、伊那市は森林が豊かで「山(森林)が富と雇用を支える50年後の伊那市」の理念のもと「林業のブランド化」、「木材利用」などをキーワードに「ソーシャル・フォレストリー都市・伊那市」の実現へ向けて取り組みを進めています。

写真:伊那市役所提供(南アルプス)

森や自然の中での子育ても人気のようですが

伊藤さん 豊かな自然を使った保育・教育活動がさかんなので、皆さん魅力を感じられるようです。全国でも4番目に広大な長野県には多くの森林があり、その自然のフィールドで伸び伸びとした、遊びの中で学ぶ子育てが行われます。

伊那市の20園ある市立の保育園独自に力を入れる『がるがるっ子』を育てる保育などが特長です。

写真:伊那市役所提供(保育園の様子)

がるがるっ子とはどのような子育てですか?

伊藤さん 『がるがるっ子』とは「見つけたがる、おもしろがる、知りたがる、など自然の中でたくさん刺激を受けて自分が楽しむ方法を主体的に見つける保育」です。

町なかの保育園でも芝生の園庭や川遊び、里山ハイク、泥遊び、地域の方と一緒に行う田植えや稲刈りなど、五感を刺激する体験を通じて、生き生きと過ごすことができます。

写真:伊那市役所提供

また、各園では子どもたちに親しみのある木を「シンボルツリー」として決め、その木に集まる鳥や花を発見して五感を働かせる大きな学びの機会を作っています。

写真:伊那市役所提供(シンボルツリーのある保育園)

さらに、自然環境を生かした屋外保育活動を中心に、地域の伝統文化などを日々の保育に取り入れた、特長ある取り組みを実践している団体を長野県が認定する『信州やまほいく』の保育園もあります。伊那市では地元住民が園児のために森林整備を行い、『やまほいく』に協力をしていただいています。

市内の保育施設では高遠第2・第3保育園(市立)やNPO法人 山の遊び舍はらぺこ(認可外保育施設)を始め11園(市立7園、私立4園)が『信州やまほいく』の認定を受けています。

写真:伊那市役所提供

里山エリアに多い『やまほいく』や、町なかでも自然に触れあうことを大切にする『がるがるっ子』保育など、ある程度幅があるというのが魅力かなと思います。

写真:伊那市役所提供

子育てに魅力を感じた方が、お子さんの保育園とか小学校(低学年)までのタイミングで伊那市に移住されて保育園や小学校に入れたいというケースが多いです。

移住者のなかでも6割は「自然の中で子育てをしたい」と考えている方が多く移住される方の8割は40代以下が占めます。

小学校ではいかがですか?

伊藤さん 学校は総合学習が盛んな地域です。教科学習とは違い「目的をもって学ぶ、必要に応じて学ぶ」のが特長です。例えば伊那小学校の場合は羊とかヤギを飼っているんですが、そういうことを通じてその学ぶべきことを取り入れていく。羊の様子などで分からないことがあれば、その疑問は生産者さんに児童がお手紙を書いて勉強しましょう、というようなかたちです。お手紙を書くという単元に対して何かを学ぶのではなく、必要に応じて何か学びをするというのが特に伊那小学校は盛んです。

余談ですが伊那小学校は60年以上も通知表がなかったり時間割りがなかったりチャイムが鳴らない小学校で、普通の公立としてはかなり珍しいと思います。

写真:伊那市役所提供(伊那小学校)

そのほかに移住者に人気の取り組みはありますか?

伊藤さん 移住者の受け入れ体制が整っている、移住者の受け入れに積極的な地域が3つあります。住民の方が中心になって移住者の方を案内したり、地域の方が移住者に対して積極的です。行政がお願いするというよりは、地域の人たちから自発的に出ている動きです。

新山地区や長谷溝口地区、高遠北小学区の「藤澤、三義(みよし)、長藤(おさふじ)」という地区です。高遠北小学校や高遠第2・第3保育園(やまほいく特化型の園)の児童や園児のおよそ6〜7割は移住者だったりします。

写真:伊那市役所提供(新山地区)

商店街では6月から10月の最終日曜日に開かれる朝マルシェという地域のイベントがあります。地域の有機野菜を使った朝ご飯を食べて、というようなお祭りみたいな雰囲気です。移住者も多く関わっていて出会いの場というか移住者同士が話せる場でもあります。

写真:伊那市役所提供(朝マルシェ)

田舎暮らしモデルハウスも人気のようですが

伊藤さん 田舎暮らしモデルハウスは移住を検討されている方が3泊4日まで泊れて1泊4000円(人数に関わらず)です。昨年は34組ほどの利用がありその中で4組が移住されています。ここの環境が標高1000m近いですが、夏は過ごしやすくテレビも無いので虫の鳴き声が聞こえるようなところで寝るみたいな生活です。冬は薪ストーブがあり、そういう体験をして喜ぶ方が多いです。

写真:伊那市役所提供(田舎暮らしモデルハウス、薪ストーブ)

また最長1ヶ月まで泊まれる移住体験住宅というのもあります。

写真:伊那市役所提供(移住体験住宅)

移住体験ツアーはありますか?

伊藤さん 年4、5回ですがツアーはテーマをしぼっていることが多いです。保育園や小学校の見学、また農業体験のツアーなどがありました。伊那小学校の見学では12組ほど参加されました。

近日では森のイベント(森JOY)に参加して森林が近い町というのを体験できる企画があります。また、空き家バンクに登録されている物件を見学するツアーも日帰りであります。

写真:伊那市役所提供(移住体験ツアー)

空き家バンクの利用状況はいかがですか?

伊藤さん 昨年の登録数が67件で44件物件が成約になりました。伊那不動産組合さんと組んでいますので物件数は増えていますね。案内も仲介も不動産業者さんにお願いしています。空き家バンクの見学ツアーは年1回から3回あります。なるべく冬に、寒さを体感していただくために2月の後半くらいにあります。

https://www.ina-akiyabank.jp/

写真:伊那市役所提供(空き家バンク物件)

冬は寒いですか?

伊藤さん 冬は長野市や松本市より寒いと思います。晴れる日が多い分、寒いと思います。マイナス10度までいくこともありますので、薪ストーブの普及率は高く、薪ストーブの設置への補助金もあります。ある論文では「伊那市の薪ストーブ導入率は日本一」ということが書かれているようです。

移住者向けの補助金などはありますか?

伊藤さん 若者世帯が対象ですが、空き家バンク物件の取得や高遠町、長谷、新山地域での新築や増改築への補助金があります。利用率は高いと思います。また、高遠町、長谷、新山地域へ一年間以上定住される方へは定住補助金という制度もあります。あとは市営住宅を6ヵ月間半額で借りられる制度もあります。

移住者は、最初は賃貸に住む方が多いです。ですが山間地域は空き家バンクも含め売り物件は多いですが、賃貸物件が少ないです。

 

子育て関係では、保育料の減額があります。二人目は半額で三人目は無料で、未満児にも適用されるので喜ばれています。

今後は自動車教習所でペーパードライバー向けの講習への補助も予定しています。車の免許がなくても市街地循環バスが20分に1回ありますので生活されている方はいますが、ほぼ車の人が多いと思います。

お仕事紹介はされていますか?

伊藤さん 仕事は移住者向けに伊那商工会議所と一緒に無料職業紹介を行っています。

そちらを通じて就職される方もいらっしゃいます。

最後に移住後のサポートはありますか?

伊藤さん 窓口を通して地域の人を紹介させていただいています。例えば、田舎でカフェをやりたいという移住者の要望に対して、実際にカフェをやっている人の話を聞いてみてはどうですか?という感じで紹介させていただいたり、子育て中のお母さんには実際お母さん同士の方が良いので、紹介させていただいたりと、暮らしの安心や満足につながるようなサポートを心がけています。

小諸市へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2019.08.22

どこからでも望める浅間山の写真

写真:小諸市役所提供(浅間山)

小諸市は、長野県の東部に位置し、北に浅間山、南西部に千曲川が流れる自然豊かな町です。市内の標高は約600m〜2000mと高地に位置しているため、冬の寒さは厳しく、早朝はマイナス10度を下回る日もあります。

一方で、夏は湿気が少なく過ごしやすい日が多いです。年間を通じて雨の日が少なく、国内でも屈指の晴天率を誇ります。長野県は雪国というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、県内では雪の降る日、降る量ともに少ない地域です。

また、都心からのアクセスも良く北陸新幹線を使えば約1時間30分の距離にあります。

今回は小諸市役所商工観光課の高野さん(写真上)に移住への取り組みについて伺いました。

はじめに、小諸市の魅力を教えていただけますか

高野さん 長野県の東部に位置し自然がとても豊かです。小諸のどこからでも浅間山を眺める事ができますし、千曲川が流れていて、田園風景が広がっています。家庭用の水道水は、全て湧き水と地下水を水源とし、とてもきれいな水です。浅間山の雨水が地下に浸透する間、自然にろ過された天然のミネラルウォーターとなっています。

小諸市のイメージの写真

写真:小諸市役所提供(浅間山の風景)

小諸市は野菜の直売所も多いですよね

高野さん 市内には9つの直売所があります。朝夕の寒暖差があるので、野菜がみずみずしく果物は甘みが強いと良く言われます。シェフの方や料理関係の方からも美味しいと言っていただいております。

直売所の写真

写真:小諸市役所提供(小諸市内の直売所)

交通アクセスはいかがですか?

高野さん 東京からですと、新幹線で1時間半くらいで来れます。そのため「小諸に住んで、仕事は東京へ」という方もいらっしゃいます。

また小諸駅は、山梨方面へ行くJR小海線(小諸駅〜小淵沢駅間)としなの鉄道(軽井沢駅〜長野駅間)もあり、ハブ駅として乗り換えができる駅です。

高速道路は、上信越道(小諸インターチェンジ)が通っていて東京・練馬から小諸までは2時間くらいで来れます。また、だいぶ先ですが中部横断道が開通すれば静岡や関西までのアクセスも良くなります。

小諸市の地図(PDFが開きます) ※小諸市役所提供

小諸市の冬はいかがですか?

高野さん 雪は少なく、あまり積もらないです。夏は涼しいので夜は網戸にしておけばエアコンはいらないですし、湿気が少ないので気候的には過ごしやすいです。また晴天率は日本トップクラスです。

生活環境はいかがですか?

高野さん 基本的に車が必要になります。病院は「JA長野厚生連 浅間南麓こもろ医療センター」などが中心市街地にありますので困らないと思います。

就学前教育についても、私立の幼稚園が5園、公立の保育園が7園、私立の保育園が2園、全部で14園あります。小諸市の自治体規模でいうと、子育て施設は多いので、待機児童もいない状況です。

また、小諸市内には泉質の異なる数種類の温泉があります。いずれの施設も日帰り入浴が可能です。

あぐりの湯こもろの写真

写真:小諸市役所提供(あぐりの湯こもろ)

今後、新たに造られる施設はありますか?

高野さん 市役所のすぐ近くに複合型施設ができる予定です。スーパーマーケットや子育て支援施設やボランティア団体施設が入る複合施設となっています。

複合型施設イメージパス

イメージパース:小諸市役所提供(今後、完成予定の複合型施設)

お仕事は紹介されていますか?

高野さん ハローワークを紹介させていただいています。また、自治体規模がそれほど大きくない分、人との交流が密になる部分がありますので、人から仕事をご紹介いただくことも。例えば、農家さんから「人手が足りない繁忙期だけ誰か紹介してほしい」というような時もあります。そういった人とのつながりから得られる情報は小諸市は強いと思いますね。

移住者の数は増えていますか?

高野さん そうですね。移住・定住への取り組みをおこなってからは、年々増加傾向にあります。

移住ツアーはいかがですか?

高野さん 過去に“長野県の寒さを体験しよう”というツアーですとか、“移住カフェ”という田舎ならではの美味しい野菜など、小諸の食を体験していただける企画を行いました。

そのツアーをきっかけにその後、移住体験施設で一週間ほど宿泊体験をしていただいた方が、小諸市に移住されたケースもあります。

今年は8月4日に“家庭菜園&ガーデニング”をして先輩移住者にお話を聞くというツアーを企画しました。その第二弾として今年の10月26日には、ツアー参加者と小諸市にすでに移住された方とで食事をしながら交流する企画(定員は10〜20組程度)を設けています。

https://www.city.komoro.lg.jp/material/files/group/14/tirasi.pdf

移住ツアーの様子の写真

写真:小諸市役所提供(以前、開催された移住ツアーの様子)

移住体験施設はどのように利用できますか?

高野さん 小諸市へ移住を希望している方(小諸市外に住民票がある方)で、市の相談窓口へ移住相談されている方、空き家バンクに登録されている方等が対象で、一週間の無料滞在が可能です。

移住体験施設の写真

写真:小諸市役所提供(移住体験施設)

その間に物件を探していただいています。宅建協会小諸支部とは協定を結んでいますので、移住希望者から「こういう物件を探している」という要望にそった物件を不動産会社様に探していただいて、ご紹介いただくこともあります。

移住される方からは、小諸市の土地勘がなく地図が分からないので、ありがたいという声をいただいています。

また、自分達で小諸市内を車で回って、気に入った土地の周辺で物件を探される方もいらっしゃいます。

空き家バンクはいかがですか?

高野さん ホームページには常時40件程度の情報を掲載しています。そのほとんどが売却希望です。また、空き家バンクの物件の中でも農地付きの空き家物件は農地のみを取得するより規制が緩和されるので農地が取得しやすいです。「一筆」の中に家と庭がある物件であれば、どなたでも家庭菜園ができますが、空き家に付随する農地の場合、通常は規制があり取得しづらいです。

空き家バンクの物件については、「片付け」か「リフォーム(生活上支障のある部分の修理)」の補助をどちらか最大で(かかった費用の2分の1以内で)10万円、受けられます。

空き家写真

写真:小諸市役所提供(小諸市空き家バンクの物件)

https://www.city.komoro.lg.jp/kurasu/akiya/index.html

移住相談はどんな問い合わせがありますか?

高野さん お問い合わせいただくのは、シニアの方が多いですが、30代の現役世代の方も移住されています。

最近ですと、小諸へ移住された方で物件を購入して「自分でお金をかけずにDIYしたいんだけど、DIYの仕方を教えてくれる人を紹介してほしい」というご相談をいただきました。ちょうど移住された方で元々大工をされて、空き家バンクの物件をご自分でDIYされていた方がいらっしゃいました。

可能であればご紹介をさせていただこうと思っています。何かお手伝いをさせていただけることがあれば、その都度ご協力をさせていただきます。

高野さんの写真


PAGE TOP