信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

諏訪圏での住まい探し 住居探しのポイント

update : 2018.05.22

写真:岡谷市役所提供(諏訪湖を中央に囲む、諏訪・岡谷エリア)

健康長寿や幸福度ランキングから、訪れるだけでなく住んでみたいという人が増えている信州。諏訪圏は、高速道路のジャンクションもあり、都内や関西方面からの交通の便も良く、南アルプスをはじめ八ヶ岳にも遠くなく山岳愛好家にも人気のエリアです。

インタビューは、岡谷市で、長年、不動産業を営んでいる安江社長(安江不動産代表/県宅建協会 情報提供委員/諏訪支部 情報提供委員長)に不動産選びのポイントについて伺いました。

長野県宅建協会情報提供委員会では、主に、移住促進と空き家対策の事業を積極的に行っています。

移住希望の方はどのように物件探しを進めれば良いでしょうか?

まずは、賃貸で住んでみて、そのエリアの雰囲気や暮らしやすさ・不便な点などをよく知ってから、住まいを購入することを推奨しています。

不動産を購入することは、長年地元にお住いの方でも慎重になります。購入するとなると移住するハードルが更に高くなり、移住に踏み込みにくくなります。

賃貸であれば、もし、失敗しても・・という不安が少なくなり、移住しやすくなります。購入とは異なり、容易に引っ越しすることもできます。

その地域が気にいっていれば、賃貸に住みながら、地元の不動産業者に足を運び、住まいを探していくことが最善です。

不動産屋さんに行く前に事前準備はありますか?

1.インターネットでGoogleのストリートビュー(ユーザーが実際に道を歩いているかのように周りの景色を見渡せる地図機能)などを使い駅の近くや町の様子、主要道路の周りを見ることをおすすめしています

都心に比べ、地方は駅前でも商店が少なかったり、コンビニも多くありません。駅から少し離れたエリアに商店があり、栄えている場合もあります。ですので、下調べはネットで住環境を検索してもらいたいと思います。

2.長野県宅建協会の物件検索サイト『住ーむず』をフルに活用しどんな物件があるか、相場など調べておくと良いと思います

参考ですが、大手サイトと異なり、地域によってはローカルサイトもあります。

例えば、諏訪地域(岡谷・下諏訪・諏訪)ですと、単身者向けの1Kで3万~4万円前後、2DK(築15年前後)で5万〜5万5000円前後、3DK(築15年前後)で6万円前後です。時々、田舎だから、どこでも4万円以内で貸家を借りられると思っている方もおりますが、地域によっては安い物件もありますが、仕事・利便性・交通などが整った地域では、現実的に厳しいです。と言ったこともありますので、希望エリアの相場を事前に確認する必要があります。

移住者の傾向として、諏訪地域では「3DK・貸家・4万〜5万円」で探される方が多いと思われます。

3.都内などで開催されている移住者セミナーに行き、不動産屋さんと知り合う

移住セミナーなどで不動産屋さんに知り合っておくのも大事です。仮にそのセミナーの不動産屋さんが移住希望のエリアの方ではなくても、不動産屋さんのネットワークで、希望のエリアの不動産屋さんを紹介していただけます。

不動産屋さんに行きづらいという方もいらっしゃいますが、セミナーなどで知り合いになっておけば、その後の物件探しがスムーズになるケースが多いです。また、移住セミナーではゆっくりと時間をかけて相談もできるので、普段は聞けないような話も聞けたりするのではないでしょうか。

実際に不動産屋さんに伺う際の物件探しのポイントは?

まずは、賃貸で探すのが良いと思います。必ず、予約をしてから行くのが良いです。物件案内などで留守の場合もありますので、予約をおすすめします。具体的には、

1.毎月掛かるトータルの諸費用を気にする

賃料以外に別途で掛かるお金を確認することが大切です。共益費や駐車場代(1台目は無料でも2台目は有料など。岡谷市の駐車場代は3,000円程)など、また町内会費(区費衛生費)は地域によって違います。諏訪地域でも年間で1~2万円位、違う地区もあります。

また、テレビの契約ですが諏訪地域(諏訪市、岡谷市)はLCVというケーブルテレビ会社と契約(月2,400円ほど)する方が多いです。賃料以外の費用は物件資料にも細かく記載されていますので、毎月掛かるトータルの諸費用を意識しましょう。

アパートチラシ
※チラシの右側に記載されるような
毎月掛かる家賃以外の諸費用も参考に選ぶ
※クリックするとPDFが開きます

2.築年数ではなく、物件内の状態に注目する
例えば写真などで物件を見て外観が古そうでも、室内を綺麗にリフォームしてある物件もあります。壁だったり、キッチンだったり、ユニットバスだったりと。実際に物件を案内していただく際は、外観より室内の状態をチェックしましょう。

 写真:安江不動産提供

3.テレビや家電の配置など、生活をイメージして物件の間取り図を見る

テレビ端子の位置がどの部屋にあるか?(例えば3DKの間取りならどの部屋にテレビ端子があるのか、また3DKでもテレビ端子が一つしかない物件もある)コンセントの位置はどこか?洗濯機のスペースはどこか?冷蔵庫はどこに置けそうか?設置場所の幅・奥行は?ドラム式が設置できるか?などを確認しておくと引っ越した際にスムーズにいきます。

そうして、賃貸で数年間住んでみて、そのエリアが気に入ったら物件購入の段階になるかと思います。

物件の購入について

物件購入には「土地を購入して新築を建てるケース」と「中古住宅を購入するケース」があります。

土地を購入して家を建てるケースでは住宅ローンを組めるかがまずポイントになります。

また、傾向としては中古住宅を探される方のほうが多いです。最近は安めの中古住宅も多いですが、手入れをしてあるリフォーム済みの物件は少ないです。そこで中古住宅を探す際は、リフォームやリノベーションの予算は別に考えておく必要があります。

中古住宅を購入する際のポイントは

1.築年数を見る

中古住宅は安く買えるイメージがありますが、物件によっては考えていたよりもリフォームが必要になり、新築より高くなるケースもあります。

ですので、リフォームがされているか確認することも大事です。全てが新品じゃないにしても、売り主がリフォームしてある物件は(白アリ保証等)築年数が古くても、手をかけずに住めるので、安くても全くリフォームをしていない中古物件と安易に金額だけでは比較できません。

また、瑕疵担保責任がついている物件(不動産屋さんが売り主の場合)でも期限は2年です。特に古い中古住宅は良く見極めるのが大事ですので、新築よりも慎重に選びましょう。

2.金額ではなく、場所、エリアで決める

例えば、子どもの学校の近くが良いのか、病院の近くが良いのか。また、そのエリアに住んでみないと分からない事情もあります。賃貸でもお話ししましたが、住民税とは別にそれぞれの地区によって「町内会費や区費衛生費」が掛かります。また特殊な例ですが、諏訪市の上諏訪エリアで言えば、希望にもよりますが各家でも温泉をひけるので、その加入金で20万円前後掛かります。

ですので、購入の際は場所やエリアで決めることが大切です。

 

最後に、『住ーむず』、『楽園信州空き家バンク』などの移住者向けウェブサイトを見て理想の移住ライフをイメージしましょう。

不動産屋さんでもそれぞれ、ネットへの物件掲載の仕方が違うので、『地元のローカルサイト』なども含めて、不動産情報サイトは見たほうが良いと思います。

長野県最大の不動産ネットワークである長野県宅建協会が運営している『住ーむず』では、空き家バンク(貸家情報はあるがアパート情報はない)情報も、アパートやマンションなどの賃貸物件から土地や中古住宅などの売買物件まで色々な物件が見れますし、移住に関する長野県内の各市町村情報や移住者支援策、移住者の体験談など、このサイトならではの情報もありますので活用していただければと思います。

小川村へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2018.04.24

写真:小川村役場提供

小川村は、長野県の北部、長野市の西隣に位置し、雄大な北アルプスの眺望が自慢で「日本で最も美しい村連合」にも加盟しています。人口は2600人ほどの小さな村で、その面積の7割が山林で、標高500〜1000mの地域で人々が暮らしを営んでいます。春夏秋冬、里山の自然と星が美しい場所としても知られています。

総合戦略推進室(兼おやき研究所)の竹村室長と中村主任、横矢主任に小川村の移住への取り組みについてうかがいました。

写真:左から総合戦略推進室(兼おやき研究所)の中村主任、竹村室長、横矢主任

小川村は日本で最も美しい村のひとつと言われていますが?

自然が豊かな村でほど良い田舎、長野市へも車で3、40分ほどで通勤できる距離ですが北アルプスの景色も最高で日常的に眺めることができます。また、村内の大洞高原(標高1000m)の天文台からは標高が高いので、空が近く星空が綺麗に見えます。自然豊かなので子供達が元気、少子高齢化ではあるがそんな子供達の声に元気をもらっている村民も多いです。村の子供たちを大切にしているので少しづつではあるがそんな村の雰囲気に魅力を感じて移住者も増えている状況です。

写真:小川村役場提供

写真:小川村役場提供

まわりの町村に比べ移住者が増加傾向にあるようですが?

村営住宅を整備したり、地方創生の一環もあり「おやき研究所」という移住者支援と村内での起業のサポートやアドバイスをトータルでフォローさせていただく体制を整えました。

おやき研究所というのは?

行政や民間の農協さん、森林組合さん、商工会さん、金融機関さんそして移住コーディネーターなどが一緒になり移住者の方を歓迎しますよ、という受け入れ体制の組織です。その事務局を役場の総合戦略推進室が兼ねています。

小川村はおやき産業発祥の地ということもあり、地場産業としておやき産業のような村に根ざした新たなお仕事をどんどん支援したいと願い「おやき」という村の成功事例でもあるキーワードをトータル移住支援の組織名にあえて使用しました。「おやき」という響きに?となる方もいますが、それも興味をもっていただくための狙いです(笑)。

具体的には「起業カフェ」など東京で就職相談を行ったり村内のお仕事相談をさせていただいたり、空き家案内など住居探しのお手伝いをさせていただいたり、農業をやりたいという方の相談にものらせていただいています。

この春、新たに移住者向けの宿泊体験施設が完成するそうですが?

いきなり移住というよりまずは、一度小川村に来てみていただくのが良いと思います。そうして興味を持っていただけたら、移住体験などでステップをふんで、環境的にも小川村を気に入っていただけたら空き家を新たに取得されるのが良いと思います。

また、今、村では都会と村内を行き来しながら暮らす「二地域居住」のPRにも力を入れています。この春に村内の大洞高原に信州産の木材を使い、薪ストーブで自然エネルギーを生かすモデル住宅(1戸建で畳の和室が10平米、洋間のLDKが28平米、ロフト、薪ストーブ設備)を建設しました。

希望者には一泊5000円で(一人でも家族でも)最長1週間、年4回まで貸し出し、体験的に暮らしていただけます。農業をやってみたいとか、田舎暮らしを体験したいとか目的に合わせ、春夏秋冬利用していただけます。そこで移住の雰囲気をあじわっていただき、ゆくゆくは小川村に住んでいただければ幸いです。

写真:移住体験モデル住宅

写真:小川村役場提供

または移住希望者向けに3年前からはじめたシェアハウス「自給自足学園」という、もともとペンションだったものを村が借り受けて農業体験だとか空き家探しで村を見に来る方に無料で部屋を提供する施設もあります。

定員は5名〜10名で1週間〜2ヶ月程度の短・中期移住体験になりますが、日帰りや週末プログラムも対応可能です。季節に応じた農業の自給自足体験や薪わり、雪かきなどの生活体験、郷土食づくり体験などをしていただけ、年に15,6件ほどの利用があります。その中で農業をやりたいという方が3人程クラインガルテンに入りました。

写真:自給自足学園

写真:自給自足学園

写真:小川村役場提供

クラインガルテンというのはもともと週末だけ農業をやりたいという方向けの二地域居住のために整備した、菜園付き休憩施設です。木造のログハウスでシャワーやトイレも完備されていますので、今は年間をとおして住まわれる方もいます。年間25万円で最長5年間利用できるということもあり、今は9棟すべて満室の状況です。

写真:三角屋根のクラインガルテン

空き家ツアーは行っていますか?

昨年は1回、一昨年も1回行いまして今年も時期は未定ですが行う予定です。

空き家巡りや先輩移住者との交流会のほか、去年は秋のツアーでしたのでりんご狩り体験も行いました。天気にもよりますが、農業体験として大豆の収穫を企画することもあります。そして村内にある250件ほどの空き家のうち、空き家バンクに登録してある22件の中で、村を代表するような古民家的なモノを2,3件回りました。

それと長野市を中心にした周辺市町村と連携した移住ツアーも年に1回あります。また、移住ツアー以外にもそれぞれ個人々で、内容の濃い空き家案内をいつでも対応させていただきます。

空き家について補助などはありますか?

「空き家改修事業補助金」として村内の空き家改修時に補助があります。10万円以上の工事が対象ですが最高で100万円、事業費の50%(改修に200万円掛かれば100万円)が補助されます。下水道の分担金については限度額20万円まで補助されます。

また、「空き家活用事業補助金」として空き家の家財整理を業者委託する費用には20万円まで補助します(空き家バンク登録者に限ります)。

農地付き空き家が取得しやすくなったそうですが?

今年度から規制が緩和され、移住者向けに空き家バンク登録者には、空き家に付属した農地が取得しやすくなりました。今までは(農地法の関係で)農地は農家でないと取得できなかったのですが例えば、移住者が農地を1アール耕作することが可能であれば、農地取得(農業委員会の認可がおりれば)できるようになりました。

お仕事はどのように探せば良いでしょうか?

小川村でのスタイルはご夫婦で移住されるなら、どちらか一人は安定した現金収入があり、もう一人は自分の夢を叶えるとか、半分半分で協力体制で暮らされるのが現実的です。そうではなくて自分で起業するんだという方には、もちろん応援もさせていただいています。

昨年から新たに「コミュニティ・スモール・ビジネス起業支援金」として県外からの移住者が村内において、新たに起業する経費の一部を補助しています。審査はありますが最高100万円まで補助しています。また、村としてご紹介できるお仕事は、おやき産業や地元の工場などがあります。

また、長野市までは車で3,40分なので仕事は長野市で、暮らしは小川村というスタイルも主流です。ほかには「おしごとながの」という求人サイトでさがすのも一つの方法です。

写真;小川村役場提供

子育て支援などはありますか?

「結婚祝金」として結婚して村内に居住する夫婦に3年間で30万円まで1年ごとに支給します。また「すこやか成長祝金」として子どもの出生時及び成長の節目に祝い金を支給します。第1子・2子出生時各5万円、第3子出生時10万円、第4子以降出生時20万円、さらに4歳到達時3万円、小学校入学時に5万円を支給します。

また、村内は電車がなく、高校生のバス通学費を年間20万円まで補助しています。

冬の暮らしでアドバイスはありますか?

長野県の北部なので雪はそこそこ降ります。ですので冬は小回りがきく4輪駆動の軽自動車が重宝すると思います。雪かきについては生活路線は行政が行いますが、各家の屋根の雪等は個人にお任せしています。村では標高差が500mありますので、標高の高い所では屋根の雪下ろしもあります。

また通年で農業を考えている方は、冬期間の農業はできないので冬期間の現金収入は農業以外で考える必要があります。

移住後のフォローはありますか?

村では移住者支援の「おやき研究所」もあり、悩み相談や困りごとなどの受け入れ体制は整っているので気軽にいらしてください。

また、地域になじんでもらうアドバイスもさせていただいています。そのために地域の行事(お祭りや公民館行事など)に参加していただいて少しづつ村や村民に親しんでください。

写真:小川村マスコットキャラクター、おやキング

 

移住者交流会が開催されました イベントレポート

update : 2018.03.29

平成30年3月3日(土曜日)に長野市の会場(レストランBurano)で「移住者交流会」が開催されました。

会場となったレストラン「ブラーノ」は、イタリア北東部ヴェネツィアにある小さな諸島をコンセプトに、カラフルできれいな花や緑で彩られ、貸し切りということもあり、とても落ち着いた雰囲気でした。

今回の交流会は長野県内に移住された方を対象に開かれ、15名の参加になりました。

長野県からのお知らせ

はじめに主催者の長野県楽園信州・移住推進室の山岸さんより、交流会の説明がありました。この移住者交流会は、県内4地域で開かれていて、各会場で参加者の傾向も少し違うとのことでした。

夫婦の参加が多かったり、親子の参加が多かったり、単身者の参加が多かったり。昨年の安曇野での交流会は、家族での参加が多かったが、今回は単身者の参加が増えているようでした。

そして以前は定年後の退職者の参加が多かったが、最近は移住セミナーを開催していることもあり20代、30代の参加者も多くなっているようです。

 

自己紹介

続いて参加者より自己紹介が行われました。今回は長野市をはじめ須坂市、小川村、上田市より夫婦2組、親子1組、単身者9名の参加で、それぞれ参加された理由などが話されました。

皆さんに共通されたのがここ1、2年で移住された方が多く、北海道や首都圏、大阪などから移住されていました。「住んでいる地域に知り合いを作りたい」、「同じ趣味の方と知り合いたい」、「自分から動かないとなかなか知り合いが作れないと思い参加した」、「ほかの移住者は休日をどのように過ごされているのか知りたかった」など積極的な思いが話されました。

ランチタイム

自己紹介をおえ会場が和むとランチタイムになりました。サラダやパスタ、バゲット、メインディッシュ、デザートなどが運ばれ、それぞれのテーブルでにぎやかな会話になりました。

各テーブルでは長野県に移住された感想や印象、良かったことや困っていることなど普段の思いを話されていました。「長野県はジビエ料理が充実している」、「東京へも新幹線で近く交通的にも良い」、「山登りやスキーが趣味なので長野に来て良かった」、「都会に比べ長野は静かで暮らしやすい」などの意見が多く、皆さん移住生活を満喫されているようでした。

 

テーマ発表

食後にはあらかじめ配布されたカードに書かれた、テーマごとの発表がありました。

信州を選んだ理由というテーマでは

「昔からブドウが好きでブドウ農家になりたかった。須坂市は傾斜も多くブドウ栽培に適していて、行政の移住後のフォローも良かった」

「仕事が忙しく体調をくずし、療養もかねスローライフで信州を選んだ」

「温泉も多く、山登りやスキーが好きだったので信州を選んだ」

「海に近い町で育ったが、旅行で訪れ山に囲まれた長野に良いインスピレーションを受けた」

など移住前に何度か長野を訪れたことのある方が目立ちました。

そして、移住して新しく始めたことのテーマでは

「コーヒー豆の自家焙煎のお店を開業する」

「旅行が趣味で英語を使う仕事につきたい。長野は観光地で外国人の旅行者も多く英語を勉強したい」

など新たな仕事についての話がされました。

また、移住して良かったことでは

「東京では人口も多く色々なところで人とのぶつかりが多かった。スーパーの買い物でも必ず買い物かごが他人とぶつかったが、長野は色んな意味で広く開放的で、カートをいくらひいてもぶつからない」

「スーパーでも山菜やきのこ類、野菜コーナーが充実している」

「東京では眠りが浅かったが、小川村は静かで心地良く休める」

など長野県が自然豊かで、全国で4番目の広さによるメリットがあがりました。

 

移住後の自慢では

「居住先からの通勤ルートに地元の某テレビ局があり、運が良ければタレントやアナウンサーの収録をテレビ局の窓越しに見れ、東京ではなかった体験」という意見がありました。

最後に、移住して困ったことのテーマでは

「車をもっていないので公共交通を利用。バスの来る時間が正確ではなく住んでいる場所は1時間に1本。停留所もふきっさらし」という声がありました。これを受け主催者の山岸さん(長野県楽園信州・移住推進室)は、「長野県は自然も豊かで8県に隣接しているという立地でもあるので是非、免許を取得して頂いて車で色んな地域に行って楽しんで頂きたい」とのことでした。

また、「地域によっては、行政による移住後のフォローがあまりない」という声に山岸さんは「そういう地域には、移住後のフォローも働きかけたい」ということでした。長野県主催の移住者交流会では、こうした悩みを直接ぶつけられるのもメリットのようでした。

ほかには「妻は寒いところが苦手で冬は来ないようにしているが、徐々に馴れてもらう予定」という意見や「住んでいる地域にスーパーが無いので生協を利用している」という意見があり、それぞれ工夫をして暮らしているようでした。

フリータイム

その後はフリータイムとなり、それぞれ席を自由に移り、連絡先を交換したり、共通の趣味の話にもりあがりました。みなさん、打ち解けた様子でとても楽しそうに過ごされていました。

参加されたきっかけで話されたとおり、皆さん、今後の移住ライフでプラスになる移住者ネットワークを築けた交流会になったようでした。


PAGE TOP