信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

信州『田舎暮らし』相談デスク(東京会場)が開催されましたイベントレポート

update : 2013.12.18

12月1日(日)東京有楽町交通会館6階の「ふるさと回帰支援センター」にて「信州『田舎暮らし』相談デスク」が開催されました。

会場には、長野県、茅野市、原村、飯島町、飯田市、筑北村、大町市、高山村、木島平村のほか、長野県宅地建物取引業協会の担当者がブースを構え、長野県への移住希望者の相談にのっていました。

相談の内容は、移住全般、移住希望地域の情報、起業・創業の相談、Iターン(就職)情報、就農、住居・空き家、売地、体験居住等です。


木島平村、産業建設課農村整備室の内藤様にお話を伺いました。
内藤様は3年前に神奈川より移住されました。飯山市の農業体験に参加し、信州への移住を決意したそうです。
木島平村では、最近移住支援に力を入れ始めました。住宅の新築する方には150万円、改築には75万円の補助金が出ます。また、中古住宅や賃貸住宅に対しても支援を行っています。問い合わせの増えてきている、空き家バンクの運用も開始し、現在村内の物件を登録しています。
子育て関連では、小中一貫校への取り組みも行い子育て世代の暮らしやすい環境をめざしています。


木島平村では、耕作を行わなくなった水田を大豆の畑にして大豆栽培を進めています。その大豆、黒豆を使用した「じょんのび豆菓子」がお土産として配布されていました。香ばしい風味がとてもおいしいお茶請けにぴったりの逸品でした。

移住相談に来ていた方にもお話を伺いました。

大田区からお越しの、秋元様(50代)
当ホームページ「信州田舎暮し・信州に住まう」を参考にしていただいているという事です。
「2年前くらいから移住を検討し始め、最初から信州に住むつもりでした。自然が豊かなところと、山が好きなので登り放題になるところにひかれています。今年から現地の訪問などをはじめ、筑北村に行きました。移住したときに、生活習慣や仕事になじめるかどうかが不安です」

 

品川区からお越しの鍋田様(30代)
奥様が東御市出身とのことですが、高山村への移住を検討されています。
「須坂市や小布施にも行ってみましたが、村の雰囲気がイメージに近かったので高山村にしようと考えています。東京へ出やすいのと保育園がいいと思います。仕事は自営で設計の仕事をしているので不安はないですが、出張が多いので交通アクセスの点が不安です。住居は当初は賃貸でもいいと思いますが、いずれ古民家に自分で手を入れて住んでみたいです」

 

横浜からお越しの川村様
大町に昔の実家があるそうで、大町市を移住先に考えているようです。
「リタイア後の移住を考えています。登山ができ、アルプスが一望できるのが楽しみです。あとは野菜や水がおいしいところ、温泉に近いのもいいと思います。心配なのは、収入の確保と野生動物に遭遇することです。また、地域に溶け込めるかどうかも不安です。昔の実家が大町にあるのですが、2地域居住も視野に検討しています。あとは、本当に寒い時期に訪れてみたいです」

会場では、長野県宅地建物取引業協会より相澤様、宮崎様が物件関係の相談にのっていました。
住宅や土地の物件の話だけではなく、実際に移住するに当たり何が必要かどんなことを気を付ける必要があるか、等のアドバイスもしていました。


PAGE TOP