信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

長和町へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2019.06.25

写真:長和町役場提供

長和町は東に蓼科山、西に美ヶ原高原、南に八ヶ岳、北に浅間山を望み、「黒耀の水」、「権現の水」という名水にも恵まれた自然豊かな町です。また、中山道の宿場が2つ(長久保宿と和田宿)存在することや主要国道が3本走っていることから、近隣の市や主要駅、高速IC、観光地へのアクセスがとても良いです。子育て支援も充実し、近年は「田舎暮らし体験住宅」が人気のようです。

(縄文時代より黒耀石の産地として知られる長和町)

今回は長和町移住・交流コンシェルジュの長谷さん(写真右)と地域おこし協力隊の佐藤さん(写真左)にお話を伺いました。

はじめに、長和町の魅力を教えてください

長谷さん 春は桜もきれいですし、夏は美ヶ原高原やビーナスライン、冬は町内に2ヵ所のスキー場があります。夜は星が綺麗です。その昔、鷹山からは黒耀石が採れて、日本中に広がったという歴史があり、黒耀石体験ミュージアムもあります。

個人的には建物ばっかりのところより、こういう自然の変化が分かるところに住んでいたほうが良いですね。

写真:長和町役場提供(左上:美ヶ原高原に建つ「美しの塔」、右上:エコーバレースキー場、左下:ブランシュたかやまスキーリゾート、右下:黒耀石体験ミュージアム)

佐藤さん 僕は京都から移住しましたが、移住する以前も長野県には余暇で良く来ていました。長和町には優しく、オープンに接してくださる方が多いように思います。また、長和町は静かで星も良く見え、水が美味しいです。黒耀石でろ過された水はすごい軟らかく、町内の名水広場に湧き出る「黒耀の水」は有名です。

写真:長和町役場提供(長和町を代表する天然の湧き水「黒耀の水」)

個人的には住まいの近くから見える浅間山や、名前は分かりませんが、家から見える山を眺めている時間が好きです。長和町田舎暮らし体験住宅をご利用の方からは、上田方面から和田の方に行くと山が開けている所があり、その景色等も喜ばれています。夏は本沢渓谷と不動滝で川遊びを楽しんでいます。

写真:長和町役場提供 左:佐藤さんの家の近くから、奥に見える浅間山 右:不動滝

移住の状況はいかがですか?

長谷さん 上田市と佐久市に近いので東京方面からの移住者が多く、若い方からシニアの方までいらっしゃいます。

住まいについては、空き家バンクの物件を紹介させていただいていますし、町内には「学者村」や「姫木平」などの別荘地が7ヵ所あるので、そちらもご案内させていただいています。


地図及び移動時間:長和町役場提供 ※クリックすると拡大します。

佐藤さん 移住されてお店を開業する方、親戚がこちらにいて何回か町へ訪れたことをきっかけに移住される方、あとは上田市や佐久市、松本市へもアクセスは良いので、色んなところに行きやすいのを理由に移住される方もいらっしゃいます。

長谷さん 峠は越えるようになるんですが、諏訪市とか茅野市へも行けますし。

空き家バンクの状況はいかがですか?

佐藤さん 2016年に空き家バンクがスタートして現在では28件ほど登録されています。町民の関心も段々と高まっているかなと思います。

(長和町空き家バンクhttp://town.nagawa.nagano.jp/docs/2016031800098/

長谷さん 物件の選択肢としては色々あります。きれいな物件を求める方もいれば、あえて古民家的な物件を購入して自分で改修するのを好む方もいます。

また、空き家改修費等補助金というのがあります。空き家バンクに登録されている物件を、購入または賃借して町内に移住された方が、その物件を改修したり不要な家財道具等を処分した費用に対し、最高で110万円を補助いたします。

写真:長和町役場提供(空き家バンクの物件)

体験住宅が人気のようですが?

長谷さん 移住を希望される方で1週間〜最長1ヶ月間の宿泊が可能です。とても人気があり、おかげさまで6月下旬〜9月中旬は予約でうまっています。

写真:長和町役場提供(田舎暮らし体験住宅)

佐藤さん 空き家バンク登録物件や別荘の内覧の他、ご要望があれば役場の担当者が町を案内させていただいています。

長和町地図:長和町役場提供

子育て支援にも力を入れているようですね

長谷さん 長和町では妊娠・出産・子育て等を切れ目なく総合的に支援するため、 平成28年4月1日より 新たに「こども・健康推進課」を設置いたしました。18歳までの子どもの医療費が無料で出生祝金や児童手当もあります。

佐藤さん 子育て支援センターという施設があり、お母さん方にとても人気です。センターではお母さんと子どもが一緒に遊んで過ごせて、お母さん同士の交流の場にもなっています。「相談にのってくれるので楽になった」、「センターのスタッフがやさしくて安心する」との利用者の声も多いです。

写真:長和町役場提供(子育て支援センター)

生活面はいかがですか?

長谷さん 病院は総合病院の依田窪病院があります。買い物は旧丸子町、蓼科町に大きなスーパーがあり、町内にはコンビニが4件、道の駅などに直売所があります。生活する上では、基本的に車が無いと不便かもしれません。

佐藤さん 僕は和田に住んでいるので、近くの和田宿ステーションの直売所で野菜等を、日用品はスーパーで買い物します。

冬の除雪状況はいかがですか?

佐藤さん 国道(142号、152号、 254号)の除雪は早いですね。

長谷さん 10㎝以上降ると除雪車が出るようになっています。また、家庭の凍結防止帯の管理を忘れると水道管が破裂することもあります。12月に入ったらコンセントに差すだけですので、忘れずにお願いしています。

佐藤さん 2、3日家を開ける時は、お風呂に水をはってシャワーヘッドを下に置き、水道管の水抜きをする事を教わりました。

最後に移住後のサポートはいかがですか?

長谷さん お話があれば随時サポートをさせていただいています。

佐藤さん 僕自身も移住者なので、お見かけしたらお声がけしたり、なるべくお会いするようにしています。


PAGE TOP