信州住まい探しのポータルサイト

信州に住ーむず

信州へ移住をお考えの方へ

信州に住もう

小川村へ移住をお考えの方へ 移住先市町村の話題

update : 2018.04.24

写真:小川村役場提供

小川村は、長野県の北部、長野市の西隣に位置し、雄大な北アルプスの眺望が自慢で「日本で最も美しい村連合」にも加盟しています。人口は2600人ほどの小さな村で、その面積の7割が山林で、標高500〜1000mの地域で人々が暮らしを営んでいます。春夏秋冬、里山の自然と星が美しい場所としても知られています。

総合戦略推進室(兼おやき研究所)の竹村室長と中村主任、横矢主任に小川村の移住への取り組みについてうかがいました。

写真:左から総合戦略推進室(兼おやき研究所)の中村主任、竹村室長、横矢主任

小川村は日本で最も美しい村のひとつと言われていますが?

自然が豊かな村でほど良い田舎、長野市へも車で3、40分ほどで通勤できる距離ですが北アルプスの景色も最高で日常的に眺めることができます。また、村内の大洞高原(標高1000m)の天文台からは標高が高いので、空が近く星空が綺麗に見えます。自然豊かなので子供達が元気、少子高齢化ではあるがそんな子供達の声に元気をもらっている村民も多いです。村の子供たちを大切にしているので少しづつではあるがそんな村の雰囲気に魅力を感じて移住者も増えている状況です。

写真:小川村役場提供

写真:小川村役場提供

まわりの町村に比べ移住者が増加傾向にあるようですが?

村営住宅を整備したり、地方創生の一環もあり「おやき研究所」という移住者支援と村内での起業のサポートやアドバイスをトータルでフォローさせていただく体制を整えました。

おやき研究所というのは?

行政や民間の農協さん、森林組合さん、商工会さん、金融機関さんそして移住コーディネーターなどが一緒になり移住者の方を歓迎しますよ、という受け入れ体制の組織です。その事務局を役場の総合戦略推進室が兼ねています。

小川村はおやき産業発祥の地ということもあり、地場産業としておやき産業のような村に根ざした新たなお仕事をどんどん支援したいと願い「おやき」という村の成功事例でもあるキーワードをトータル移住支援の組織名にあえて使用しました。「おやき」という響きに?となる方もいますが、それも興味をもっていただくための狙いです(笑)。

具体的には「起業カフェ」など東京で就職相談を行ったり村内のお仕事相談をさせていただいたり、空き家案内など住居探しのお手伝いをさせていただいたり、農業をやりたいという方の相談にものらせていただいています。

この春、新たに移住者向けの宿泊体験施設が完成するそうですが?

いきなり移住というよりまずは、一度小川村に来てみていただくのが良いと思います。そうして興味を持っていただけたら、移住体験などでステップをふんで、環境的にも小川村を気に入っていただけたら空き家を新たに取得されるのが良いと思います。

また、今、村では都会と村内を行き来しながら暮らす「二地域居住」のPRにも力を入れています。この春に村内の大洞高原に信州産の木材を使い、薪ストーブで自然エネルギーを生かすモデル住宅(1戸建で畳の和室が10平米、洋間のLDKが28平米、ロフト、薪ストーブ設備)を建設しました。

希望者には一泊5000円で(一人でも家族でも)最長1週間、年4回まで貸し出し、体験的に暮らしていただけます。農業をやってみたいとか、田舎暮らしを体験したいとか目的に合わせ、春夏秋冬利用していただけます。そこで移住の雰囲気をあじわっていただき、ゆくゆくは小川村に住んでいただければ幸いです。

写真:移住体験モデル住宅

写真:小川村役場提供

または移住希望者向けに3年前からはじめたシェアハウス「自給自足学園」という、もともとペンションだったものを村が借り受けて農業体験だとか空き家探しで村を見に来る方に無料で部屋を提供する施設もあります。

定員は5名〜10名で1週間〜2ヶ月程度の短・中期移住体験になりますが、日帰りや週末プログラムも対応可能です。季節に応じた農業の自給自足体験や薪わり、雪かきなどの生活体験、郷土食づくり体験などをしていただけ、年に15,6件ほどの利用があります。その中で農業をやりたいという方が3人程クラインガルテンに入りました。

写真:自給自足学園

写真:自給自足学園

写真:小川村役場提供

クラインガルテンというのはもともと週末だけ農業をやりたいという方向けの二地域居住のために整備した、菜園付き休憩施設です。木造のログハウスでシャワーやトイレも完備されていますので、今は年間をとおして住まわれる方もいます。年間25万円で最長5年間利用できるということもあり、今は9棟すべて満室の状況です。

写真:三角屋根のクラインガルテン

空き家ツアーは行っていますか?

昨年は1回、一昨年も1回行いまして今年も時期は未定ですが行う予定です。

空き家巡りや先輩移住者との交流会のほか、去年は秋のツアーでしたのでりんご狩り体験も行いました。天気にもよりますが、農業体験として大豆の収穫を企画することもあります。そして村内にある250件ほどの空き家のうち、空き家バンクに登録してある22件の中で、村を代表するような古民家的なモノを2,3件回りました。

それと長野市を中心にした周辺市町村と連携した移住ツアーも年に1回あります。また、移住ツアー以外にもそれぞれ個人々で、内容の濃い空き家案内をいつでも対応させていただきます。

空き家について補助などはありますか?

「空き家改修事業補助金」として村内の空き家改修時に補助があります。10万円以上の工事が対象ですが最高で100万円、事業費の50%(改修に200万円掛かれば100万円)が補助されます。下水道の分担金については限度額20万円まで補助されます。

また、「空き家活用事業補助金」として空き家の家財整理を業者委託する費用には20万円まで補助します(空き家バンク登録者に限ります)。

農地付き空き家が取得しやすくなったそうですが?

今年度から規制が緩和され、移住者向けに空き家バンク登録者には、空き家に付属した農地が取得しやすくなりました。今までは(農地法の関係で)農地は農家でないと取得できなかったのですが例えば、移住者が農地を1アール耕作することが可能であれば、農地取得(農業委員会の認可がおりれば)できるようになりました。

お仕事はどのように探せば良いでしょうか?

小川村でのスタイルはご夫婦で移住されるなら、どちらか一人は安定した現金収入があり、もう一人は自分の夢を叶えるとか、半分半分で協力体制で暮らされるのが現実的です。そうではなくて自分で起業するんだという方には、もちろん応援もさせていただいています。

昨年から新たに「コミュニティ・スモール・ビジネス起業支援金」として県外からの移住者が村内において、新たに起業する経費の一部を補助しています。審査はありますが最高100万円まで補助しています。また、村としてご紹介できるお仕事は、おやき産業や地元の工場などがあります。

また、長野市までは車で3,40分なので仕事は長野市で、暮らしは小川村というスタイルも主流です。ほかには「おしごとながの」という求人サイトでさがすのも一つの方法です。

写真;小川村役場提供

子育て支援などはありますか?

「結婚祝金」として結婚して村内に居住する夫婦に3年間で30万円まで1年ごとに支給します。また「すこやか成長祝金」として子どもの出生時及び成長の節目に祝い金を支給します。第1子・2子出生時各5万円、第3子出生時10万円、第4子以降出生時20万円、さらに4歳到達時3万円、小学校入学時に5万円を支給します。

また、村内は電車がなく、高校生のバス通学費を年間20万円まで補助しています。

冬の暮らしでアドバイスはありますか?

長野県の北部なので雪はそこそこ降ります。ですので冬は小回りがきく4輪駆動の軽自動車が重宝すると思います。雪かきについては生活路線は行政が行いますが、各家の屋根の雪等は個人にお任せしています。村では標高差が500mありますので、標高の高い所では屋根の雪下ろしもあります。

また通年で農業を考えている方は、冬期間の農業はできないので冬期間の現金収入は農業以外で考える必要があります。

移住後のフォローはありますか?

村では移住者支援の「おやき研究所」もあり、悩み相談や困りごとなどの受け入れ体制は整っているので気軽にいらしてください。

また、地域になじんでもらうアドバイスもさせていただいています。そのために地域の行事(お祭りや公民館行事など)に参加していただいて少しづつ村や村民に親しんでください。

写真:小川村マスコットキャラクター、おやキング

 


PAGE TOP